主要サービス

モカソフトシステムズでは、ソフトウェア開発のお手伝いをしております。

全てのフェーズでも、個別のフェーズでも承ります。先ずはご相談ください。

 

ソフトウェアの仕様書作成。

 

エンドユーザーの要望を仕様化して文書にしたものが仕様書です。ソフトウェア開発において始めに作成されるべき資料の作成をお手伝いします。

どのような規模のソフトウェアであっても仕様書の作成を怠ってはいけません。「何を作成するのか」という共通意識を共有すればこそ、複数人での開発が可能になるのです。デスマーチが起きてから後悔する前に、先ずは仕様書を作成しましょう。

 

 

ソフトウェアの設計書作成。

 

プログラミングを始める前に、ソフトウェアの大まかな構造を文書にしたものが設計書です。設計書の無いプログラムは時間が経過すると作成した本人でもよく覚えておらず、プログラムを解析しないとどうなっているのか思い出せなくなるものです。

 

また、ソースコードの保守を考えた場合でも設計書は役に立ちます。前任者から引き継いだプログラムに設計書が無く、ソースコードもスパゲッティ状態だったときの憤りはソフトウェアエンジニアなら1度は経験があるのではないでしょうか。

 

ソフトウェアのコーディング。

 

仕様書、設計書を元にプログラミングを行います。

私が経験した事のある言語(C、C++、C#、objective-c)であれば問題なくプログラミングできます。また、未経験の言語でも学習期間の調整が可能であれば対応可能です(何でも最初は未経験からスタートして習得しているのですから)。別途ご相談させてください。

 

ソフトウェアの試験。

 

作成されたプログラムの試験を行います。

試験には様々な呼称がありますが、設計書に対応した試験と仕様書に対応した試験に大別できます。前者は設計書通りにプログラムが動いている事を確認するための試験で、後者は仕様書通りにプログラムが動いている事を確認します。

 

このように、試験を行うためには物差し(OK/NGを判定するという意味での物差し)が必要であり、仕様書や設計書を作成することが重要である事を示しています。

お問い合わせ

Mail:n-manzaki@mokhasoft.jp

営業時間

8:30 ~ 17:30 (月~金)